有意義な意味を持つ

幼稚園の制服は有意義な意味を持つ服装

学生服を着ていた頃が懐かしいなんて言葉を大人になってからよく耳にします。特に女性は服装で学校を決める傾向も強まっていき、進路を選択する際にファッションも見逃せない要因となってきました。日本の制服はその幼稚園や学校を自己主張するかのようにかわいさ、派手さ、インテリさなどオリジナル性の強い個性を追及しています。そしてこの風習は海外でも一目おかれている存在となっています。毎日着るモノなので次第に愛着も湧き、卒業してからも自分が着てた制服を目にすると親近感が沸いたりもします。スーツもそうですが、日本人とユニフォームは切っても切れない関係になっているのです。

さて、制服を初めて着る機会があるのは幼稚園からです。産まれた時から手塩にかけ育ててきた子供が公式な服に袖を通すことは成長への階段を上る最初のステップような気がします。最近では著名なファッションデザイナーに製品化を依頼する所もあり、見た目だけでなくは素材もしっかりいる服が多くなってきています。無邪気だった子供が制服を身につけた途端に雰囲気がガラリと変わることは、親にとってはなんとも感慨深いものがあるでしょう。コスト面や自由を標榜する幼稚園では私服で登校させる所も多いかもしれません。

事情は幼稚園ごとに違います。しかし、身だしなみという点で考えると、幼稚園のときから制服を着させることはとても意義深いことだと思います。私服なら、汚しても大丈夫という少し軽い気持ちが生まれるかもしれませんが整った服を着用していると、比較的綺麗な状態にしておかないといけないという責任感が生まれることがあるからです。また、制服は見栄えがいいです。一人の園児だけでもそうですが、大勢でいる際には皆が統一されている服装だと幼稚園自体が端正で立派な風格を漂わせることがてきます。経営側からの視点だと、親にここの幼稚園に入れさせたいと思わせる効果に一役買っているのです。

私服と制服では相手に与える印象が全く違います。小さな頃から身だしなみを気にさせることは、大人になってもそのまま役に立つ非常に有意義な教育です。毎日着ていれば愛着も湧いて来ますし、生活の一部として扱われるます。私服では味わえないある種独特なオーラをもっていますが、その雰囲気を十分堪能し洋服に対する意識を強めることによって、後々子供時代を振り返ったときに素晴らしい役目を帯びていた時期だったことと思い返せるような存在になることでしょう。