引っ越しをした際

引っ越しをした際の幼稚園の制服

急な転勤などで引っ越しをすることになった場合、子供の幼稚園のことで悩むお母さんも多いでしょう。通常の幼稚園では、3歳を迎えた後の4月から入園できます。その場合、だいたい前年の9月に願書の提出、10月に入園面接や入園品注文を行います。準備万端でいざ入園、と考えていたら3月で転勤が決まるなんて悲しい事態になることも珍しくありません。こうなると、一式揃えてしまった入園グッズの処遇に悩みます。捨てるのももったいないし、何とか有効に活用する方法はないのでしょうか。

もし引っ越しが決まった段階で、まだ注文したものを受け取っていない場合は注文のキャンセルができる可能性もあります。至急幼稚園か注文した業者へ連絡しましょう。もしキャンセルできなかったら、袋などを開けずにそのまま返品を希望してみてください。名前の刺繍が入っていたり、一度記念にと着てしまった場合は返品できないことも多いです。

キャンセルも返品もできないとなったら、ママ友や知り合いを当たって譲りましょう。新品の制服や幼稚園グッズは人気が高く、来年入園する子供の洗い替え用などに欲しがる人も多いです。新品を一式譲った場合、半額や数千円程度謝礼として支払ってくれるケースも多くあります。もし謝礼などが貰えなくても、全て無駄になって捨ててしまうよりは、使ってもらった方がはるかに有意義です。知り合いやママ友に欲しい人がいない場合は、幼稚園に寄付していくのも良いでしょう。園によっては予備の制服として買い取ってくれるケースもあるので、相談してみてください。ただ、我が子に合わせてサイズ直しなどをしてしまっている場合は難しい場合もあります。
また、制服や幼稚園グッズは、引っ越し先の新しい幼稚園でも使用できる場合があります。制服はずっとは無理ですが、新しい制服が出来上がるまでの繋ぎとして活躍してくれます。お道具箱やらくがき帳などの消耗品は、卒園まで使わせてくれることも多いです。

このように、引っ越しによってせっかく注文した幼稚園グッズが使えなくなっても、有効活用する方法はあります。返品やキャンセルが出来れば一番良いのですが、時期的に難しい場合は泣く泣く諦めるしかありません。捨てるくらいなら、園や知り合いに太っ腹に譲ってあげましょう。会社によっては、転勤に伴う子供の幼稚園準備費として費用をある程度負担してくれる会社もあります。自分の会社がどのような規定になっているか、事前に確認してみると良いでしょう。