さまざまな手作りの小物

幼稚園の制服やさまざまな手作りの小物など

わが子が初めて幼稚園に通うようになると、色々と手作りで揃えてあげたくなります。実際に幼稚園によっては制服や上履き、帽子、スモックなどの園指定のものを買いそろえるのとは別に、さまざまなものを自分たちで準備するようになります。誰もがすべて手作りすることができるわけではないので、そうしたものを専門に注文を受けて作るというサービスも人気です。毎年入園シーズンの前には通う幼稚園の指定の小物を作りますという情報がかなりたくさん入ってくる地域もあるようです。

多くの幼稚園で制服などとは別に保護者が自由なデザインで用意するものに、巾着袋や手提げバッグなどがあります。手提げバッグは園が指定している肩からかけたりリュック式になったハードタイプのものとは別にキルティングなどの布で作られた平坦なバッグです。

ノートや本などを入れて持ち歩くためのもので、大体のサイズの指定があるのが一般的です。形はごくシンプルなのであまり裁縫経験のない保護者でも比較的簡単に作ることができ、入園式の日には母親たちが競って作ったこだわりのデザインの手提げがあちこちで見られます。そして、それぞれの手作りの小物に名前を書くのですが、まだ字が読めないわが子でも自分のものがわかるように可愛い目印をつけたり、それぞれにいろいろと工夫されているものが多いようです。

そうは言ってもなかなかお裁縫は難しいと言う人には、ソーイング教室で幼稚園小物の手作り教室が開催されたり、指定のサイズの小物をシリーズで作ってくれるサービスなども豊富にあります。ソーイング教室では希望すれば材料もすべて準備してくれるなど、裁縫経験がない人でも無理なくできるようにさまざまなサービスが提供されています。子どもが楽しく幼稚園に通うことができるように、母親の愛情がたっぷり詰まった小物を揃えていくのも親ならではの醍醐味のひとつかもしれません。

桜の花の咲く季節に少し大きめの制服に身を包んだわが子の姿は、可愛いだけでなくなんだか少し大人びて見えて胸が熱くなるものです。母親の後をついて回っていた甘えん坊だったわが子が、母親の手を離れて幼稚園と言う小さな社会へと旅立ってゆく瞬間です。お友達とけんかしたり、ママが恋しくなって幼稚園に通うのをぐずったり、色々な経験をしてさらに成長していきます。子供たちのそんな大切な成長の時期を母親の愛情あふれる手作り小物がさりげなく応援してくれているようで、なんとも微笑ましいものです。